ホーム » 健康(サプリメント) » 選び抜かれたメシマコブの健康食品

選び抜かれたメシマコブの健康食品

メシマコブ



メシマコブとは?

メシマコブ(女島瘤)の学名はタバコウロコタケ科キコブタケ属メシマコブ
(Phellinus Linteus Aoshima)です。

長崎県男女群島の女島に生息し、主に桑などの広葉樹の古木に寄生し、

その形が瘤状であることから命名されたと言われています。

中国では、桑黄(そうおう)と呼ばれ、

漢方薬の材料として使用されています。

しかし、現在中国で桑黄(そうおう)と称するものの基原は、

キコブタケであり、遺伝子を解析すると桑黄と

メシマコブは遺伝子的に異なったキノコ

であることがわかりました。

メシマコブの形態は、ツリガネタケ、ツガサルノコシカケ、
コフキサルノコシカケ等に似ているために、

それらのキノコがメシマコブと間違えられることもあります。


桑の木に寄生する希少価値の高いキノコ
 
メシマコブは、キコブタケの仲間に属する多年生のサルノコシカケで、

学名をフェリナス・リンテウスと言います。

その多くは、桑の古木やブナ・シイなどの木に寄生し、

直径30センチの大きさに成長するまで20〜30年もの歳月を要すると言われます。
 
傘の表面は黒〜褐色、内側のひだに独特の黄〜茶の剛毛が見られます。

日本や東南アジアなどに広く分布しますが、

天然から採取することは難しく、


また、栽培も極めて困難であることから、長い間、

幻のキノコの異名をとってきました。





メシマコブは自然界での発生が少ないので、入手困難な大変貴重なキノコです。

その優秀性については、以前から一部では知られていましたが,

子実体の人工栽培は、たいへん難しく、安定供給ができないため商品化が

遅れていました。

(但し、菌糸体の培養は、容易なので、その応用製品が一部に出回っているようです。)

キノコの胞子には雌雄に似た区別があり、

発芽してプラスの一次菌糸とマイナスの

一次菌糸が合体して二次菌糸を作り、

二次菌糸が、密集し結束して子実体となります。


この子実体が、一般にきのこと認識されているものです。

(子実体を形成しないキノコもあります。)

一次菌糸を人工的に培養するのが菌糸体培養であり、

菌糸体培養品は自然産の子実体とは

栄養成分や、性状が異なります。



アメリカでは、すでに免疫療法が盛んです。

免疫療法とは、人間の身体が本来もっている自然治癒力を強化し、

病気に対抗していこうという治療法です。
    
メシマコブはこの免疫力を強力に高めるのです。

他のきのこと比較するとメシマコブの抗がん率(がんの腫瘍を抑える効果)は

バツグンにたかいのです。


韓国生命科学研究所のユウ先生は、

がんの増殖抑制効果の研究だけでなく、がん細胞移殖前にメシマを投与した

マウスに延命効果、マウスの尻尾にがん細胞を移植し、

メシマを投与したマウスの転移抑制効果などを研究、

発表されています。

つまり、メシマは、どんな部位のがんに対してもその増殖を止め、

転移を抑え、QOLを向上させる効果があるというわけです。


韓国のNHKといわれるKBSが「メシマコブの効果」を放送してから、

韓国ではメシマコブ・ブームが起こりました。
    
ところが、それと同時に韓国や日本で偽物が出回るようになったのです。

偽物には、柳、こうぞ、にれの木などに寄生したきのこをメシマコブといつわって

販売しているものが多いようです。

もっとひどいのは、他のいろいろなきのこのくずを粉末にして

高い価格で売っているものもあるという話です。
    
本物のメシマにはPL2、PL5、PL10などの表記があるはずです。

この表記があるものが「韓国新薬」から取り寄せられた本物のメシマです。
    

メシマコブの培養はむずかしいのですが、そのメシマコブを培養し、

その菌糸体のエキスを抽出する過程でPL1、PL2、・・・

など多くの種類の菌株が出てきます。
    
これらの菌株は、大変壊れやすく、安定しないのですが、

PL2、PL5、PL10の菌株だけは安定が確かで、かつ活性が高いのです。

これら安定した金株だけを粉末にした製品が本物のメシマだというわけです。

なお、メシマコブの培養法、抗がん物質製造法などは韓国 が特許を取得しています。

腫瘍阻止率96.7%!驚くべき抗ガン効果  
 
キノコ類(担子菌類)に優れた抗ガン作用があることは、

今では多くの健康食品を通じて一般にもよく知られています。

実際、医療現場でも、シイタケのレンチナン、カワラタケのクレスチン(PSK)、

スエヒロダケのシゾフィランのように、抗ガン剤や科学療法における

副作用の軽減として治療に用いられています。
 
こうしたキノコ類の効能に注目が集まるようになったのは、

今から31年前の1968年、

国立がんセンターの池川哲郎博士などによって行われた

1つの実験がきっかけになっています。
 
このときの実験では、サルコーマ180というガン細胞を移植したマウスに

18種類のキノコ熱水抽出エキスを投与し、

それぞれの抗ガン効用が調べられました。
 

結果は、ガン細胞の増殖を最も強く抑えることができたのはメシマコブ。

阻止率96.7%は、他のキノコに比べて傑出していると言ってよいでしょう。


しかし最近では、アガリクス違法販売をめぐる報道で、

新聞、テレビなどで取り上げられたキノコ系健康食品。

その結果、キノコの健康食品そのものが

ニセモノであるかのような誤解が一部にあるようです。










Return to page top