ホーム » 美容・ダイエット(サプリメント) » 「コエンザイムQ10」と「マカ 」

「コエンザイムQ10」と「マカ 」


細胞のエネルギーづくりに必要な補酵素 コエンザイムQ10

<コエンザイムQ10とは?>

コエンザイムQ10はもともと人間の体内すべての細胞に存在するもので、

日常的な健康を維持する重要な働きがあります。


私たちが生きていくためにはエネルギーが必要であり、

細胞の中では「ミトコンドリア」と呼ばれる小器官がその働きをしています。

1957年、「ミトコンドリア」の中にこれがないとうまくエネルギーが生産できない

という物質が発見されました。

これが「コエンザイムQ10」なのです。


そして、私たちの体には酸化されやすい脂質がたくさんありますが、

脂質の酸化を防ぐ抗酸化物質の代表は、ビタミンEです。

しかし、生体脂質の酸化を効果的に防ぐにはビタミンEだけでは不十分で、

コエンザイムQ10が一緒にあることが大変重要であることが

最近の研究で明らかになりました。

しかもコエンザイムQ10は、ミトコンドリアだけではなく、

体のあらゆる場所に存在して抗酸化物質として働いています。


コエンザイムQ10を私たちは自らの体の中で合成しているのです。

なぜなら、細胞の元気の素であり、大切な物質だからです。


しかし、多くの臓器のコエンザイムQ10の濃度は20代をピークに

年々減少していきます。

ひとときも休まずに働いている心臓ですが、40代で30%、80代で50%以上もの

コエンザイムQ10が失われるといわれています。



また、コエンザイムQ10は筋力アップと運動による筋肉細胞の

破壊を防ぐ上で大変重要であると考えられています。


また、コエンザイムQ10は水に溶けず、油に溶けやすい物質です。

ですから、油分を含む栄養バランスのとれたしっかりした食事直後に

摂取することが大切になるのです。


そこで、サプリメントとして補給したいのが「コエンザイムQ10」なのです。



コエンザイムQ10は細胞のエネルギー生産を高める働きをし、

例えば心臓では送り出す血液量が増え血行が良くなり、

他の臓器の働きも合わせて良くなるため、疲れにくくなるといわれています。




<マカとは?>

マカは、南米アンデス山脈に文明を築いたインカ族の時代以前から、

標高4000メートル以上の高地で自生するアブラナ科の球根野菜です。

5cm程の短い茎にバラに似た花をつけ、根はカブのような形をしています。


マカは、インカ帝国の時代には、強壮剤として珍重され、

アンデスの人びとの精力増強、受胎促進に大きな効果をもたらしたといわれています。


そして、マカは「アンデス薬草の女王」とよばれ、

現地では太古の昔から滋養強壮食として親しまれてきた根菜です。


マカには、9種類の必須アミノ酸、ビタミンB1,B2、ナイアシン、カルシウム、カリウム、

リンなどのミネラル、鉄、亜鉛などの微量元素の他に、アントシアニン、アルカロイド、

植物ステロール、フラボノイド、トリテルペン、サポニンなどなど

私たちの健康に必要な成分が豊富に含まれています。

人間が生きていくために不可欠なアミノ酸もバランス良く含有しており、

マカは別名【栄養の缶詰】とも呼ばれています。


またペルーでマカは、不妊症の治療薬として用いられていました。

スペイン人が南米を征服しようとしていた時代、スペインから連れてきた家畜が

ペルーの高地になじめず、不妊となってしまったとき、マカを与えたところ、

家畜に子供が産まれ助けられた、という逸話もあります。





   

マカは昔から4000メートルの高地で化学肥料や農薬を使用しないで

栽培されて来ました。

ところが近年、低地で化学肥料や農薬を使用して栽培されるマカが増えてきています。

低地で栽培されたマカは、栄養価が低下していて本来の栄養を得られないばかりか、

身体にも良くありません。

高地栽培のマカと低地栽培のマカは外見は同じでも中身は大違いなのです。


高品質マカ・通販専門店。HotStore








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前[必須入力]

メールアドレス[必須入力]

URL[必須入力]

コメント[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9105951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

Return to page top