ホーム » 美容・ダイエット(サプリメント) » 肌の衰え・ヒザの痛みに「コラーゲンマトリックス」

肌の衰え・ヒザの痛みに「コラーゲンマトリックス」

★超人気のロングセラー商品です!!


コラーゲンがお肌や体に良いってコトは良く知られています。


しかし、コラーゲンにはタイプ1〜3とあり、

市販でよく見かけるのが1タイプのみのものです。


晴れ この【コラーゲンマトリックス】は1タイプのみではなく1〜3タイプ全てを併せ 
     
     て摂取することができます。
コラーゲンマトリックス_R.jpg

コラーゲン1タイプ・・・皮膚、骨、腱、筋膜等に含まれています。

コラーゲン2タイプ・・・関節、眼の水晶体、脊索、髄核等に含まれています。

              コラーゲンの中でも非常に高価なものです。

コラーゲン3タイプ・・・血管等に含まれています


新月 さらに“コンドロイチン”と“グルコサミン”とが配合されており、

     3種の成分がこれひとつで摂取できるのです。

     ですから、お肌の衰えやひざの痛み、関節痛などにお悩みの方にオススメ!


新月 これから冬に向かって、お肌がかさついたり、

     関節の痛みを感じる方が多くなると思われます。

    
 かわいい 美容健康サプリの中で実績も効能もイチオシ!です。





コラーゲン・コンドロイチン・グルコサミン配合!!
いつまでも若々しく
コラーゲンマトリックス


コンドロイチンとは?

からだの中ではタンパク質と結合して、軟骨や皮膚中に多く存在します。

コンドロイチンは私たちの体に常に存在している、基本物質です。

私たちの体は肌・筋・肉・血管・骨・内臓など、

すべて細胞からできています。

細胞の1つ1つは結合組織(コンドロイチン)によって

互いに結び付けられており、細胞の若返りをします。

また、血管から運ばれてくる栄養分や水分を貯え、

それを細胞に供給して体内の老廃物を運び出し

新陳代謝を活発にする役割をしています。


コンドロイチン硫酸は、

ムコ多糖の一種で、動植物の体内に広く存在する物質です。


人間の体の中では若いころは盛んに合成されるが、

加齢に伴い生産量が減少し、欠乏症を招いたり、

関節や皮膚への障害が起こります。

コンドロイチンは中年期をすぎると、どんどん減少します。

食品中では、

納豆、山芋、オクラ、フカヒレ、スッポンなど

ネバネバしたものに少量含まれているようです。


コンドロイチンの基本的な働き

・体内の水分量のコントロール

コンドロイチンは大変な保水力に富む物質で全身の70%ともいわれる
体内水分の保持に無くてはならない成分です。

・細胞を出入りする物質の調節

・骨の形成を助ける
コラーゲンマトリックス
・傷をすみやかに治す

・細菌の感染を防ぐ

・関節組織の円滑化

・血中脂質の改善

・血液凝固の抑制

・血管新生の調節

・目の透明度を維持する などなど


グルコサミンとは?

グルコサミンは、

自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として

多量に存在しています。

単一成分、またはコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)

との混合物として、サプリメントや健康食品として販売されており

関節の健康によいとされています。


グルコサミンとは関節の軟骨を形成するのに必要な重要な栄養素です。

加齢による関節痛の大きな原因のひとつが、

関節内の軟骨がすり減ってしまうことです。

グルコサミンを食事やサプリメントからとることで

軟骨の生成が活発になります。


グルコサミンは食事からだけでは、なかなかとることができません。

そんなときにお勧めなのが、グルコサミンのサプリメントです。


グルコサミンとの相乗効果を高めるため、

コンドロイチンやビタミンC、Eや

ルティンが一緒に配合された商品を選ぶようにしてください。

















Return to page top