ホーム » 健康(サプリメント) » アンチエイジングにダイエットに!!「オルニチン」

アンチエイジングにダイエットに!!「オルニチン」

オルニチン」とは?

アミノ酸は、私たちの体の筋肉や内臓、血管などのもとになる

タンパク質を構成している非常に重要なものです。

体を動かしたり、食べたものを消化吸収したり、全身に栄養を運べるのも、

アミノ酸のおかげ。

人間の生命活動を支えるためにとても大切な働きを担っているのです。


ところがアミノ酸の中には、タンパク質にならずに体内で重要な役割を果たす

変わったアミノ酸があります。それが「オルニチン」です。


オルニチン」は、体内ではタンパク質を構成せず、遊離した状態で存在しています。

そのような状態を「遊離アミノ酸」といいます。


このように、「オルニチン」はタンパク質を構成する成分ではないため、

他のアミノ酸と異なり、

食事から摂取できるタンパク質にはそれほど多く含まれていません。

食物中ではしじみに比較的多く含まれているようですが、

肉や魚や大豆などの

タンパク質に含まれている他のアミノ酸に比べれば「オルニチン」は、

わずかな量であるといえるでしょう。

他のアミノ酸に比べて、食事からの摂取が難しいアミノ酸なのです。


栄養素は食事で摂取することが理想であり基本ですが、

「オルチニン」など食事で十分な量を摂取することが現実的ではない成分については、

サプリメントで摂取するのが良いではないでしょうか。





「オルニチン」はタンパク質の合成を促進し、筋肉作りに役立つなどの作用がある

こともわかってきています。

私たちの体の約20%はタンパク質で構成されているといわれています。

そのタンパク質は20種類のアミノ酸でできています。

自然界には多くのアミノ酸が存在しますが、その中でもわずか20種類が

複雑に組み合わさることにより、タンパク質を形作っているのです。


20種類のうち、私たちの体の中で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。

体内で合成できないため、食べ物から摂取する必要があるのです。

また、体内で合成できる残りのアミノ酸を非必須アミノ酸と呼びます。


これらのアミノ酸とは別に、タンパク質を構成せず、遊離アミノ酸として

存在しながら体内で働くアミノ酸もあります。

「オルニチン」は、この遊離アミノ酸の1つです。



「オルチニン」は、アルギニン、トリプトファンなどと同様に、

脳の下垂体(視床下部)に作用して成長ホルモンの分泌を促進します。

文字通り成長の促進を主な役割とする成長ホルモンは、

糖質、骨、水分やミネラルなど様々な代謝を調節します。


また、脂肪の分解やタンパク質の合成を促進します。

成長ホルモンの分泌量は加齢とともに減少していきます。

成長ホルモンが体内で最も多く分泌される時期は13〜17歳の頃です。

20〜25歳にかけて体内の成長ホルモン量は急激に低下します。


体内の成長ホルモンが減少すると、新陳代謝が悪くなり、

脂肪の分解が進まず、体脂肪が増えたり、コレステロール値が増えたりし、

またタンパク質の合成も促されず、

筋肉がつきにくくなります。


筋肉が減ったり衰えたりするとまた、

脂肪の分解が進みにくくなり、太りやすくなります。


また、シミや小じわが目立ったり、

疲れやすくなったり、記憶力が低下したりもします。


つまり「オルニチン」は、代謝に関わる成長ホルモンの分泌を促すことによって、

脂肪の分解を促進するため、[ダイエットやアンチエイジングに効果があるアミノ酸

と言われているのです。





また「オルニチン」は、オルニチン回路を活性化させることにより、

主に肝臓で、有害なアンモニアを代謝する経路に関係していることでも有名です。

肝臓の解毒作用とは、私たちの体にとって毒性のある物質を別の物質に変えて

毒性を減らす作用です。


たとえばアンモニアはグルタミン酸からグルタミンを生成するのに必要な物質ですが、

アンモニアが大量に私たちの体の中に蓄積すると大変危険です。


そこで肝臓はアンモニアを尿素に変換して排出することで解毒します。

この反応に活躍しているのが「オルニチン」です。


詳しくいうと「オルニチン」は尿素回路というアンモニアを解毒するシステムの

構成要員なのです。


「オルニチン」は、私たちの体にとって有害なアンモニアを肝臓で取り込んで、

尿素に変える働きをしています。


その過程で「オルニチン」は一旦別のアミノ酸に変わり、再び「オルニチン」に

戻されることから尿素回路は別名「オルニチンサイクル」とも呼ばれています。


このことから、「オルニチン」は[肝機能をサポートするアミノ酸]とも言われます。




「オルニチン」が分泌を促進する成長ホルモンとはどんなものでしょうか?

成長ホルモンは絶えず効果を発揮しているわけではありません

成長ホルモンは主に運動後と睡眠中、特に夜間の睡眠中に多く分泌されます。

入眠後30分程度で、ノンレム睡眠(深い睡眠)に入りますが、

そのときに成長ホルモンは最も多く分泌されます。


そこから3時間程度が一日のうちで最も筋肉が作られている時間と言えます。

したがって、就寝前に「オルニチン」やアルギニンなどのアミノ酸を摂取する方が

成長ホルモンの分泌効果は高いです。




しかしその一方で、夕食後6〜8時間以上空けなければ、

「オルニチン」やアルギニンなどの

アミノ酸摂取による成長ホルモンの分泌効果は非常に薄くなります。


このため、「オルニチン」やアルギニンなどのアミノ酸は

朝食の30分程度前に摂取するのがよいのです。

「オルニチン」やアルギニンなどのアミノ酸は、朝食前に摂取しても、

脳の下垂体に蓄積され、睡眠中に成長ホルモンの分泌を促します。

なお、「オルニチン」を補給するタイミングを

運動の前後で言えば、運動前が効果的です。

代謝が促進されて、脂肪を効率よく燃焼させることができるでしょう


「オルニチン」はアルギニンと一緒に摂取することで相乗的な効果が期待できます

ですが最近ではアミノ酸の大ブーム。


急速な広がりの中、「アミノ酸だったらどれでも身体によい」

「アミノ酸を取るだけで痩せる」

という間違った情報が広がっているように思います。


ところが、アミノ酸には天然のL体と合成のD体があって、

身体の細胞の原料になるのはL体だけなのです。


一般的な合成アミノ酸はエネルギーとして消費されるだけで、

過剰摂取は「太る」原因になってしまいます。


朝日新聞の記事でも

「アミノ酸清涼飲料水を飲むだけでは逆に太ってしまう」

との解説がされているように、

同じアミノ酸でも様々な物があるのです


アミノ酸ダイエットは15年以上前のアメリカの研究者による

「アルギニン」・「オルニチン」・「リジン」などの

アミノ酸の研究から開発されたサプリメント成分です。

アミノ酸ダイエットの商品開発から現在まで、発売当初から10年以上も

ダイエットサプリメントのベストセラーであり続けています。

アメリカで人気No1のダイエットサプリメントが

このオルニチンを含むアミノ酸なのです。


日本ではアミノ酸ダイエットは某放送局でテレビ放映されて以来、

何度も話題となり、

アミノ酸サプリメントのさきがけとなったサプリメントです 。


今では各食品メーカーから

非常に多数のアミノ酸サプリメントが発売されていますが 

直接的なダイエット効果を得られるのはこの「アルギニンやオルニチン」など

数種類のアミノ酸だけを含むサプリメントだけといわれます。





その他のアミノ酸サプリメントについては 成長ホルモンの分泌や

脂肪燃焼リパーゼの生産を行うというよりは 

総合アミノ酸補給サプリメントとして 

運動前後に摂取し 筋肉を付けるためのサプリメント

という要素が強いのですが、


褐色脂肪細胞を活発にして脂肪燃焼を直接に働きかけるのは

アルギニンや「オルニチン」などの数種類のアミノ酸だけです。

そして、これらは加齢に伴い、また飲みすぎや運動不足、喫煙などで

働きが低下するため、サプリメント等で補う必要があります。


また、アルギニンは精子の60%を占める主成分でもあります。

俗に「精子にはたんぱく質が含まれている。」と言いますが、

これはほとんどアルギニンのことを指しているのです。


また、健康な方が運動しながらオルニチンとアルギニンを

組み合わせて摂った場合の筋肉づくりの効果を調べた実験があります。


その結果、「オルニチン」とアルギニンを摂って運動をした方々では、


除脂肪体重(脂肪以外の全ての組織の重さを足したもの)がアップしています。

除脂肪体重の増減の大部分は筋肉量の増減と考えることができるので、


この実験により「オルニチン」が筋肉を増強することが示されたのです。

若いときより、筋肉が落ちたと感じるかたは「オルニチン」が有効でしょう。



そして、健康的なダイエットに重要なのが筋肉なのです。

キュッと引き締まった体型を作るのは筋肉の力。

弱い筋肉は体型を整えるのにマイナスに作用します。

食事制限によるダイエットは筋肉量を減らしてしまうので、

美しい体型を作ることは難しいでしょう。


栄養素を十分にとった上でさらに筋肉を引き締める、

これが理想的なダイエットといえるのです。





私たちの身の回りは細菌、ウィルス、エアダスト、花粉、食物など多くの

生体外物質(異物)に満ち溢れています。

これらの異物を排除する手段として私たちは、

免疫という防御システムを持っています。

この免疫は、

多くの細胞がお互いに作用しあうことで生理機能を発揮しています。


その中でもマクロファージという細胞に

「オルニチン」が働きかけるということが知られています。


現代人はさまざまなストレスにさらされていますが、

ストレスは免疫機能の低下を招くことも有名な事実です。


このことからも「オルニチン」は

現代人の生活の質の向上をも、もたらすといえるのではないでしょうか。








                         

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。