ホーム » 健康(サプリメント) » ガジュツ(紫ウコン)100%!!

ガジュツ(紫ウコン)100%!!


ガジュツは中国宋時代の書物に「ガジュツ」という原名で収載され、
当時から民間で重宝がられていました。

ガジュツは亜熱帯の植物で日本では沖縄や屋久島を中心に栽培されております。
今、ダイエットに話題のガジュツ! 

ガジュツはショウガ科の多年草植物で、根茎を薬用にします。
現在栽培されているガジュツはインド、中国南部、スリランカ、東インド諸島などで、
また日本でも屋久島,奄美大島,沖縄などの一部でガジュツは栽培されています。

ガジュツが日本に渡来したのは、
享保年間(1716〜1736)で、薬用として栽培されました。

ガジュツには紫ウコンの特有の香りと苦味があり、
服用した後は口の中に清爽感が広がります。

ガジュツ(紫ウコン)は学名はクルクマ・ゼドアリア、
原産地であるインドで「カチュラ」と呼ばれていたのが
中国で「ガジュツ」と呼ばれるようになったと言われます。

ウコンに比べるとクルクミンはごく僅かしか含まれていませんが、
100種類近くの精油成分が含まれていることが確認されています。

ガジュツの主な成分は

精油1〜1.5%(主成分シネオール)・樹脂2.5%
でんぷん50%・糖類・粘液・ゴム質を含みます。

ガジュツは日本では屋久島産のショウガ科の多年草で、通称は紫ウコンです。
ガジュツ(紫ウコン)の成分としては色々な薬効成分が含まれ
100種類近くの有効成分が含まれています。
シオネール、カンファー、アズレンなどの精油成分が効果を発揮します。

近年、ガジュツ(紫ウコン)の様々な働きが話題となり、
特にダイエットを目指す方に愛用されています。

某テレビ放送でダイエットのサプリメントとして
ゴーヤを抜き一位になったガジュツ(紫ウコン)です。

ガジュツはダイエット成分だけではなく
昔から医者要らずと呼ばれるほど様々な働きがあるのです

飲むだけでダイエットに良いとTVで紹介! 

今でも売れ続けています。

古い歴史の中に「ガジュツ」を再発見!
専門家の間でも注目されています


Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。