ホーム » 特集!!

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

ぶたくさ花粉症・杉花粉症等やアレルギー性鼻炎

★花粉の時期は「蓮のちから」と「ぺタドレックス」で乗り切ろう!★

◆「蓮のちから」も「ぺタドレックス」も天然成分なので安心です!◆



一口に花粉症といっても「ぶたくさ花粉症」(秋花粉症の代名詞)
「杉花粉症」「かもがや花粉症」など原因物質によって、
現在国内で確認されているものだけでも
50種類以上ありますが、
現在、一般的に日本において有名な花粉症は、
「ぶたくさ花粉症」よりも「杉花粉症」ですね。

花粉の春・夏・秋・冬の飛散情報や症状などによって、予防や対策、
治療方法(薬・注射・レーザーなど)も色々あると思いますので、
花粉に対しての知識を深めて、出来ることから速めに対処して、
花粉の最盛時期をなんとか乗り切りましょう!

<<花粉症の原因植物>>


<ぶたくさ> (晩夏〜晩秋)

ぶたくさは8月頃から10月頃にかけて主な原因となり、
日本中のほとんどの地域に飛散しています。

秋は、キク科の植物が多く、
このほかにクワモドキ、モギなどがあります。

ぶたくさは、川岸の草地の中などや荒地などに広く分布し
高さ1m位まで成長します。

北アメリカ生まれの帰化植物で花粉によるぜんそくなどの
原因として、
オオブタクサとともにきらわれています。

日本に帰化したのは明治の初め頃のようです。

豚草(ブタクサ)という変な名前は
Hog-weed (食肉用の豚−雑草)の直訳なのです。


ぶたくさの画像


ぶたくさの画像


<杉> (早春〜春)

2月頃から4月頃にかけて猛勢を奮います。

春は樹木の花粉が多く、スギのほかに、
ヒノキ、コナラ、キョウチクトウなどがあります。


<かもがや> (初夏〜夏)

5月頃から8月頃にかけて花粉を飛ばすイネ科の植物。

夏は雑草の花粉が多く、
スズメノテッポウ、オオアワガエリ、
ナガハグサなどがあります。

日本人の10人に1.5人は花粉症といわれています。

この10人に1.5人というのは花粉症の症状がある人の割合で、
花粉症の原因となる花粉に対する「IgE抗体」を保有している人は
数倍にもなると言われています。

そして、これらの花粉症患者のうちの約8割が、
「スギ花粉」による花粉症だといわれています。

この「スギ花粉症」は、実は日本特有なのです。
アメリカでは、「ブタクサ花粉症」の患者が圧倒的に多く
スウェーデンは、国土のほとんどがカバノキで覆われている為、
「カバノキ花粉症」が花粉症患者の大半を占めています。

これらの国では「スギ花粉症」の患者はほとんど見られず、
こうした現象は、
それぞれの地域に生育する植物の種類によって引き起こされているようです。


★有名な大学の教授が開発しました!

原材料は、乳酸菌と自然の野菜レンコンです。

自然素材のみを使用しているのでご年配、

妊婦の方も安心して体質改善に役立てられます。★



  _____________


<<花粉症の4大症状>>


花粉症の症状は、主に鼻と目に現れます。

「くしゃみ」・「鼻水」・「鼻づまり」・「目のかゆみ」です。

これらの症状は「鼻風邪」に似ていますが、
「目のかゆみ」は、鼻風邪にはありませんね。

症状に「目のかゆみ」があるようでしたら、
花粉症の可能性が高いといえるでしょう。

その他にも、鼻水がサラサラしている、
くしゃみが連続して出るなどが花粉症の症状の特長です。

そして、花粉症以外のアレルギー疾患をもっている人や、
家族の方が何らかのアレルギー疾患を持っている人は、
花粉症になりやすいと考えられています。

また、「かぜ」にかかると鼻などの粘膜が炎症等を起こし、
粘膜が過敏になるため、花粉症になりやすくなる可能性があるようです。

残念ながら今のところ、
花粉症の特効薬はまだできていません。

けれども、その症状を防ぐことや軽減することは出来ます。

色々な花粉症対策の商品がでていますが、
花粉症対策の基本は、
まずは花粉との接触をできる限り避けることですから、
一番手っ取り早く、金銭的にも負担が少ないのは、
オーソドックスですが、花粉症用マスクや花粉症用メガネ
などが、効果的なセルフケアの方法のようです。      

とはいっても・・・・

それで済めば苦労はしませんよね。

そこで・・・

片頭痛や花粉症に人気の高いサプリメント『ペタドレックス』。

某インターネットショッピングモールにおいてランキングの常連で、

東急ハンズでも売り上げナンバー1を獲得した人気の商品です。


ハーブを積極的に活用しているドイツでは、
ハーブ生まれのサプリメントが豊富にあります。

西洋フキから生まれた「ペタドレックス」は、
既に30年以上の販売実績を持つドイツ、Weber & Weber社が開発した製品です。
ドイツで1972年に販売を開始して以来、
欧米では知らない人がいないくらい幅広く利用されており、
そのパワーのほどはすでに世界で証明されています。        


花粉症にかかってしまったら
花粉症がひどくなる前に花粉症対策をしっかりと! 






 

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top